ニュース

OBC、りそなホールディングスの3銀行が会計システムに「奉行V ERP」を採用

2011/07/20 10:33

 オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、ERPパッケージ「奉行V ERP」が、りそなホールディングス(檜垣誠司社長)の3銀行(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行に採用され、4月から稼働を開始したと発表した。

 りそなグループは、本部会計システム、資産管理システムとして従来利用していたERPパッケージが老朽化していたことを機に、新システムの採用を検討していた。そのなかで、今回、りそなホールディングスでは、本部会計システムとして「勘定奉行V ERP」、資産管理システムとして「固定資産奉行V ERP」を採用した。

 「勘定奉行V ERP」は、各部署から会計データを受け入れ、部署ごとの試算表の作成や支払処理を行う。「固定資産奉行V ERP」では、土地、建物などの減価償却計算や減損処理、税務申告などを行う。両システムともアドオン開発は行わず、パッケージ機能のみで導入しており、今後の会計制度の変更に対してもパッケージのバージョンアップで対応でき、変化に対応しやすいシステム基盤を構築した。
  • 1

関連記事

不況下で強さをみせるOBC 競合にとって手ごわい存在に

OBC、勘定奉行専用の中小企業向け帳票加工ソリューションを提供

【震災関連情報】OBC、被災地に無償で代替品を提供、物流回復後に順次出荷

OBC、中堅・グループ企業向けの税務申告マネジメントシステム

OBC、奉行シリーズの勤怠管理にソニーのICカードリーダー/ライターを採用

外部リンク

オービックビジネスコンサルタント=http://www.obc.co.jp/

りそなホールディングス=http://www.resona-gr.co.jp/

おすすめ記事