京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は、サイバートラストと連携し、スマートフォンやスレートなどのスマートデバイスから社内ネットワークシステムへの安全な接続を可能にするスマートデバイス端末認証サービスを、8月1日に提供開始する。

 スマートデバイス端末認証サービスは、KCCSが従来からPC向けに提供してきた統合認証ソリューション「NET BUREAU」で培ったノウハウを生かし、スマートデバイスから社内ネットワークシステムへの安全な接続を可能にするもの。サイバートラストの「サイバートラスト デバイスID」との連携で、許可された端末のみを社内に接続させるセキュアなリモートアクセス環境を提供する。厳格に端末識別を行うことで、顧客のセキュリティポリシーに応じた社内ネットワークシステムへのアクセス制御が可能となる。

 同サービスは、KCCSの統合認証ソリューション「NET BUREAU」のオプションサービスとして提供。iPhone/iPad(iOS 3.0以上)からシスコシステムズ製VPNゲートウェイへのアクセス環境を皮切りに、順次Android端末や他VPNゲートウェイ機器へと対応環境を拡張する予定だ。統合認証ソリューション「NET BUREAU」を含むスマートデバイス端末認証サービスで、年間3億円の売り上げを目標としている。