スターティア(本郷秀之社長兼最高経営責任者)は、企業向けオンラインストレージサービス「セキュアSamba」の利用プランに、9月中をめどに利用容量3TBの新プランを追加する。

 「セキュアSamba」は、社内にファイルサーバーがあるのと同じ感覚で、拠点間のファイル共有を行うことができるSaaS・クラウド型オンラインストレージサービス。9月中に、現在提供している最大容量の3倍となる3TBのサービスを提供する。

 新プランによって、オンラインストレージとしてだけでなく、社外のファイルサーバーとして使えるようになり、サーバーの買い替え費用の削減や運用管理業務の軽減、災害からのデータ保護などに対応する。サービス開始当初は3TBまでだが、今後本格化してくるビッグデータ時代に対応し、ペタバイト容量の提供も視野に入れている。