ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)とファルコンシステムコンサルティング(ファルコンSC、高橋正廸代表取締役)は、9月5日、ジェイズ・コミュニケーションが取り扱う米Juniper Networks開発のSSL VPN/NACアプライアンス「MAGシリーズ」と、ファルコンSC開発のRADIUS対応認証製品「WisePoint Authenticator」の連携動作検証を完了したと発表した。両社は、この検証完了を機に、2製品の販売活動を共同で実施することに合意した。

 「MAGシリーズ」は、Juniper NetworksのSSL VPNアプライアンス「Secure Accessシリーズ(SAシリーズ)」と、NACアプライアンス「ICシリーズ」を統合可能とした製品。統合型マルチサービス・ネットワーク・クライアントの「Junos Pulse」と連携し、そのセキュア・アクセス・サービスとアクセス・コントロール・サービスによって、柔軟で強力なアクセス環境を構築する。また、SAシリーズとICシリーズのオペレーティングシステムがベースで、既存のナレッジをそのままMAGシリーズの運用に活用できる。

 「WisePoint Authenticator」は、RADIUS対応のワンタイムパスワード認証システム。憶えやすい画像をパスワードに用いる「イメージングマトリクス認証(ImagingMatrix)」やオンラインバンキングシステムなどでなじみのある乱数表による「マトリクスコード認証」、「携帯電話の個体ID認証」など多彩な認証機能を採用。SSL VPNなどのRADIUS対応機器と連携し、リモートアクセス時の本人認証を強化する。

 2製品の連携ソリューションによって、iPhone/iPadでのSSL VPN接続時の本人認証を強化し、外出先から社内ネットワークに安全にアクセスすることができる。さらに、在宅勤務などの場合、iPhone/iPadをシンクライアント端末として利用することができ、スマートデバイスのビジネスシーンでの活用を推進する。

 同時に「MAGシリーズ」のSAML 2.0連携機能によって、Google AppsなどSAML連携できるクラウド型サービスに対し、イメージングマトリクス認証を利用したSSL VPN経由での接続に限定するなど、クラウド型サービスでもセキュリティの向上を図ることができる。

 共同プロモーションの第一弾として、9月1日から12月22日までの期間中に「MAGシリーズ」と「WisePoint Authenticator」を同時に購入した場合、通常提供価格から大幅にディスカウントする「セキュアリモートアクセス導入支援キャンペーン(仮)」を実施する。また、10月にはセミナーを共催する予定だ。