ニュース

ぷらっとホーム、「CloudStation dSS」のリリースバージョンを更新

2011/09/07 10:37

 ぷらっとホーム(鈴木友康社長)は、データ保存方式「キーバリューストア(KVS)」のストレージアプライアンス「CloudStation dSS」のリリースバージョンを、性能を向上させた「CloudStation dSS R2」へとアップデートした。

 「CloudStation dSS R2」は、KVSでありながら、既存の環境ですぐ運用を始めることができるアプライアンス製品。従来のKVSシステム導入時に必要だった「使用中の既存アプリケーションを一挙にKVSに対応させる手間」がなくなり、KVSデータに通常のNAS方式でアクセスできる。

 アップデートでは、性能の向上と改善を実現。今後提供するすべてのラインアップでキャッシュメモリが従来の2倍となり、また、これまでオプションだったSSDを標準搭載している。さらに、保証延長サービスをメニュー化した。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

ぷらっとホーム NWアプライアンス「Easy Blocks」 ノードグループを一括管理

ぷらっとホーム、DHCPやDNSなどを簡単導入・運用できるアプライアンス製品

ぷらっとホーム、手のひらアプライアンスシリーズにProxyモデルを追加

ぷらっとホーム、スケールアウト型分散ストレージのラインアップ拡充

ぷらっとホーム ストレージプールを「破棄レス」運用 分散ストレージの製品群を拡大

外部リンク

ぷらっとホーム=http://www.plathome.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>