アール・アイ(RI、小川敦代表取締役)は、バックアップソフトの新製品「Air Back」シリーズを9月26日に発売した。

 「かんたん・無意識・軽快」をコンセプトに、ラインアップとしてパソコン向けの「Air Back for PC」、ファイルサーバー向けの「Air Back for File Server」、「Microsoft SQL Server」向けの「Air Back for MSSQL」の3製品を揃えた。

 「Air Back for PC」は、Officeファイルや音楽、動画、写真など、あらゆるデータをパソコンに取り込むと、自動でリアルタイムにデータをバックアップする。変更があったファイルだけをバックアップするので、CPUやメモリに負荷をかけない。上書き前のデータは最大99世代まで自動保存し、リアルタイム以外にもスケジュールやシャットダウン時など、バックアップを取る時期を設定できる。

 「Air Back for File Server」は、ファイルサーバー専用に開発したバックアップソフト。「Air Back for MSSQL」は、「Microsoft SQL Server」専用のバックアップソフト。初回ウィザードやテンプレートの実装で、バックアップスケジュールを簡単に作成でき、データベースに関する知識や経験がないユーザーでも安心して利用できる。税別価格は「Air Back for PC」が6800円、「Air Back for File Server」が7万8000円、「Air Back for MSSQL」が9万8000円。