スターティア(本郷秀之社長兼最高経営責任者)は、9月29日、バーチャルプライベート型クラウドサービス「デジタリンク クラウド」の販売を10月1日に開始する。

 データセンター(DC)内にある仮想のサーバーを提供するサービス。インターネットを経由してサーバー環境を利用することで、自社にサーバーを設置するのに比べ、必要なスペックを必要な分だけ使用する柔軟な利用が可能になる。

 サーバーの仮想化には、VMwareの仮想化技術を利用。サーバーの管理・運用を委託することで、サーバーの購入費用やメンテナンス業務を削減できるほか、DC内のサーバーを利用するので、大規模災害が発生した際も、早急に業務の復旧が可能となる。

 スターティアが提供するネットワーク機器レンタルサービス「マネージドゲート」と連携。「マネージドゲート」とクラウドサーバー内の仮想ルーター間でVPNを構築することで、高いセキュリティのプライベートクラウドを実現する。

 また、同社のエンジニアによる最適なクラウド環境の診断を行うとともに、クラウドへの移行までをサポートするP2V移行支援サービスもあわせて提供する。

 同社は、価格面や移行にかかる業務負担などを理由に、クラウド化への移行を見送っていた中堅・中小企業などを中心にサービスを提供していく。また、現在提供しているSaaS/クラウド型ファイルサーバー「セキュアSamba」や、子会社のスターティアラボが提供する社内ファイル管理システム「Spider Lib」(仮称)とも連携する予定だ。