ニュース

JBAT、意志決定支援ソリューションに中国語・英語機能を追加

2011/10/07 10:37

 JBアドバンスト・テクノロジー(JBAT、赤坂喜好社長)は、10月6日、JBソフトウェアの意志決定支援ソリューション「CustomerVision WebReport2.0(WebReport2.0)」に中国語・英語機能を追加した。

 「WebReport2.0」は、社内に分散している基幹系・情報系データの共有を図り、ウェブブラウザで容易に経営分析・顧客分析ができるソリューション。日本語に加え、新たに英語と中国語(簡体字)に対応した。表示メニューやツールなどは3か国語を切り替えて利用できる。

 価格はオープン。日本ビジネスコンピューター(JBCC)を中心としたJBグループで10月17日から販売する。
  • 1

関連記事

JBアドバンスト・テクノロジー、携帯電話を活用したクラウドサービス

JBCCホールディングス 社長 山田隆司

JBCCホールディングス 年商1000億円に向け 山田新体制始動

JBCC オリジナル商材の開発を加速 製品開発を戦略子会社に集約

JBグループの中国事業 北京オフィスを本格立ち上げ 販売網構築、大詰めに

外部リンク

JBアドバンスト・テクノロジー=http://www.jbat.co.jp/

「CustomerVision WebReport2.0」

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>