KDDI(田中孝司社長)と米Retailigence(ジェレミー・ガイガーCEO)は、10月13日、「Online to Offline(O2O)」プラットフォーム構築で協業し、インターネット上の情報を実店舗の販売活動に結びつける実証実験を開始すると発表した。

 O2Oとは、ウェブサイトにアクセスして情報収集した消費者に、実店舗への来店と商品購入を促す仕組みを指す。オンライン(インターネット上の情報)を経て、その後にオフライン(実店舗)への行動を促すという意味で、「Online to Offline」と呼ばれる。

実証実験は、良品計画と家具販売のリビングスタイルの2社が、小売店やソフト開発会社など5社の企業と連携して行う。

例えば良品計画の実証実験は、まず消費者がスマートフォン専用のキャンペーンサイトにアクセスし、最寄りのコンビニエンスストア「ファミリーマート」の店舗を検索すると、クーポンIDを表示。ファミリーマートの店舗に設置したマルチメディア端末「Famiポート」にそのクーポン情報を入力すると、「無印商品」の対象製品が10%オフで購入できるクーポン券と引き替えるというもの。

実証実験の日程は10月18~24日で、場所は、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県のファミリーマート全店。

KDDIはクラウド基盤「KDDI MULTI CLOUD」を提供し、Retailigenceは、実店舗の商品情報と消費者を結びつけるウェブツールを提供する。(木村剛士)

「Online to Offline(O2O)」プラットフォームの提供イメージ