ソフトエイジェンシー(立岡佐到士代表取締役)は、11月22日、暗号化オンラインストレージ「VG-Sync」上のファイルをブラウザだけで管理できる「VG-Sync Webクライアント」を正式リリースすると発表した。

 「VG-Sync Webクライアント」は、暗号化されたオンラインストレージ「VG-Sync」にファイルをアップロードすることで、パスワード付きの公開ダウンロードリンクを作成できる。ダウンロード回数の制限や公開期間の設定などに対応し、大きなサイズのファイルの受け渡しを安全に行うことができる。

 このほかセキュリティ面は、クレジットカード業界でのセキュリティ基準PCI DSSに対応した暗号化アプライアンスを用い、顧客それぞれに専用の仮想環境を用意する。

 「VG-Sync」の税別価格は、初期費用が0円、「プロ」(50GB)が月額8000円、「エンタープライズ」(100GB)が月額1万6000円、「コーポレート」(200GB)が月額3万円、「アルティメット」(400GB)が月額4万8000円。なお、12月末までに申し込んだ場合、100GBまでの使用環境を1年間無償で提供するキャンペーンを実施している。