NEC(遠藤信博社長)とシマンテック(河村浩明社長)は、ストレージに格納するデータのバックアップを効率化する「スマートバックアップソリューション」を共同で開発し、12月21日、NECから発売した。

 「スマートバックアップソリューション」は、シマンテックのバックアップソフトウェア「Symantec NetBackup」のOST(OpenStorageTechnology)機能と、NECのディスクバックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAStor)」を組み合わせたもの。「NetBackup」の提供する増分(差分)合成バックアップ技術と「iStorage HSシリーズ」の提供する重複排除技術によって、大量のデータのバックアップを短時間で実現する。

 従来の方法と比べ、バックアップ時間を約80%短縮し、必要とするネットワークやバックアップサーバなどのリソースを約50%低減。「NetBackup」とOST対応ストレージによる合成バックアップソリューションの販売は、国内初となる。

 税別価格は450万円から。出荷開始は12月28日。今回「iStorage HS3」で提供を開始し、今後「iStorage HS8」でも提供する。