1月16日、KDDI系列の通信キャリアで中部圏最大手の中部テレコミュニケーション(CTC、湯淺英雄社長)とクラウド・サービスベンダーのブランドダイアログ(稲葉雄一社長兼CEO)は、クラウド・サービスで業務提携することを発表した。CTCは、同日、ブランドダイアログのクラウド型SFA(営業支援システム)「Knowledge Suite」を自社データセンター(DC)を使って中部圏の法人に対して販売を開始した。CTCは、来年度(2013年3月期)中に無償の試用1000社、有料で100社への納入を目指す。

クラウド・サービスの提供で業務提携した中部テレコミュニケーションの横井和英営業企画部長(左)とブランドダイアログの稲葉雄一社長兼CEO

 CTCが提供するクラウド・サービスは、バーチャルサーバーや各種アプリケーションをラインアップする「CTCマネージドクラウド」の一環で、「CTC Knowledge Suite」の名称でCTC法人営業の約100人体制で販売を開始した。「Knowledge Suite」搭載のグループウェアやSFA、名刺管理、データ集計機能など、ビジネス上必要なアプリケーションをオールインワンで使えるサービスで、 DCと企業間を広域イーサネット網から接続する閉域性の高いクラウド・サービスとしては、業界初の取り組みだ。

 「CTC Knowledge Suite」と広域イーサネットサービス「CTC EtherLINK/EtherDIVE/Etherコミュファ」を同時に利用すれば、プライベート接続(CTC IPバックボーンを利用した閉域性の高いIP接続)が可能。利用料金は、人数無制限で3GBの基本料金が月額5775円(税込)で、SFA/CRM(顧客情報管理)の追加料金が3万4650円。SFA/CRMは、追加料金に加えてレコード(営業報告、顧客担当者情報、リードフォームなどの問い合わせ1件単位の従量課金)数に応じた従量課金になる。

「CTC Knowledge Suite」の提供イメージ

 CTCは、2010年10月に名古屋市内にある2か所の自社DCとネットワーク技術を使ってクラウド事業を開始した。同社の「CTCマネージドクラウド」は、大容量のバックボーンネットワークと直結するクラウド型サービスで、IaaSやPaaS、バーチャルサーバーなどのネットワークメニューや、光ファイバーで提供する広域イーサネットサービスを同時利用することで、閉域性が高く、プライベートクラウドのように高セキュリティ・高レスポンスの環境が整っている。今回、この一環として「CTC Knowledge Suite」を使えるようにした。

 CTC営業本部の横井和英営業企画部長は、「当社は、法人領域が売上高の半分を占めるまでに拡大している。この領域をより拡大するため、また光ソリューションを法人向けに広めるため、どの会社でも使う有力なアプリケーションを探していた。ブランドダイアログの『Knowledge Suite』は、単なるグループウェアではなく、グループウェアを中心に企業内情報を集約し、業務を効率化できる。しかも安価で、ITソリューション販売に不慣れな当社の営業担当者でも、お客さまに説明しやすいサービスだ」として、アプリケーションベースのクラウド・サービス第一弾として「CTC Knowledge Suite」の提供を決めた。

 CTCの法人顧客は、中部圏内の売上高50~300億円の中堅企業/約3000社のうちの約2000社。「CTC Knowledge Suite」は、まずはこれら既存顧客に対して提案・販売し、並行してCTCにとって新規領域になる年商50億円以下の中小企業に対する営業も開始する計画だ。横井部長は「『CTC Knowledge Suite』の提供を契機に、自社パッケージやクラウド・サービスをもつITベンダーとも協業し、製品の連携や共同での販売を進めたい」と、将来の見通しを語った。

 一方のブランドダイアログは、2011年8月にKDDIと提携し、「Knowledge Suite」をKDDI経由で販売している。稲葉社長は「中部圏内では、パブリッククラウド的にKDDIに攻めてもらい、CTCには安全性で要求度の高い中堅企業に対しプライベートクラウド的な提供をしてもらう」と、すみ分けを図るという。また、同社の飯岡晃樹・ソリューション本部取締役本部長は「CTC営業担当者のスキルアップ研修や営業同行でのOJTなど、支援を強化する」と、販売面での後押しをする方針だ。(谷畑良胤)