ITホールディングスグループのネオアクシス(高橋正行社長)は、IBM Power Systemsで稼動する「Toolbox for Systemi5」を利用したクラウドサービス型のEDI(電子データ交換)「NAXクラウドToolbox EDIサービス」を、1月25日に開始する。

 既存のToolbox の全銀TCP/IP手順を利用してネオアクシスの「NAXクラウドセンター」に接続し、流通業界の標準EDIである「流通BMS」への対応をクラウド環境で提供するサービス。

「NAXクラウドToolbox EDIサービス」のサービス概要

 ユーザー企業は、自社にEDIシステムを構築する必要がなく、月額利用料でEDIサービスを活用できる。また、Power Systems内の基幹システム連携は、XMLなどを使用しないPower Systems標準のデータベースシステムで構築。旧来のEDI方式であるJCA手順でのデータ交換と同様の手順でデータ連携ができる。

 価格は、1接続先あたり月額3万0000円(税別)を予定している。