広瀬努
マネージャ
 シマンテック(河村浩明社長)が提供するエンドポイントセキュリティ製品「Symantec Endpoint Protection(SEP) 12」は、このところ、前年比2ケタ増の勢いで販売が拡大している。

 「SEP」は、ウィルスなどがパソコンに入ることを事前に防ぐ「侵入防止」機能をセールスポイントとした法人向け総合セキュリティ製品。シマンテックは、2011年7月、世界中のシマンテックユーザーからの情報を収集したデータベースにソフトウェアの安全性を照会する「インサイト」機能を追加した最新版「SEP 12」を発売。セキュリティ性能を高めている「SEP 12」を商材として、事業拡大に取り組んでいるところだ。

 プロダクトマーケティング部の広瀬努・プロダクトマーケティングマネージャは、「今後、パートナー向けの教育プログラムを立ち上げ、充実したパートナー支援によって、『SEP 12』の拡販を狙う」という。(ゼンフ ミシャ)