ツネイシホールディングス(伏見泰治会長兼社長)、川崎重工業(長谷川聰社長)、積水ハウス(阿部俊則社長兼COO)、東京ガス(岡本毅社長)、凸版印刷(金子眞吾社長)、NEC(遠藤信博社長)の6社は、1月25日、11年度から「スマートシティプロジェクト」に参画したと発表した。世界のリーディングカンパニーがもつ技術・ノウハウを核に、国内外に向けて日本発スマートシティの展開に向けた活動を加速していく。

 スマートシティを展開するためには世界のさまざまなニーズ・制約条件に対応する必要があり、たとえ大企業であっても、1社での対応は困難だ。そこで、09年9月、世界のリーディングカンパニー8社が「スマートシティプロジェクト」を立ち上げ、企業連携によってワンストップ・トータルソリューションを構築した。ジョイント・ベンチャーとして誕生したスマートシティ企画(佐々木経世社長)が共同提案の触媒役となり、付加価値の高いトータルソリューションを、参加企業各社がもつ幅広い営業チャネルを通じて展開している。

 11年6月からは、ツネイシホールディングスの造船技術、川崎重工業のエネルギーシステム、積水ハウスのスマートハウス、東京ガスの熱と電気を有効利用するスマートエネルギーネットワーク技術、凸版印刷が印刷技術で培った情報管理・運用ノウハウ、そしてNECがもつ蓄電池技術などが「スマートシティプロジェクト」のトータルソリューションとして補完された。

 参加企業が23社に増えたことで、11年度は提案速度がさらに加速し、現在20以上の案件に取り組むまでになっている。また、昨年12月22日には、フラッグシッププロジェクトである「柏の葉キャンパス」が「環境未来都市構想」「総合特区」に採択された。今後も、さらに多くの取り組みを推進していく。