ソフト開発ベンチャーの東雲(吉田健人代表取締役)は、アプリケーションソフトの開発・稼働環境の提供サービス「synquery(シンクエリ)」を発売した。PaaSと呼ばれるクラウドの一種で、低コスト・短期間で容易に業務アプリケーションを開発・利用できるようになる。

 ユーザー企業の情報システム担当者のほか、SIerやソフト開発企業に向けて拡販する。ソフト開発の専門知識とプログラミングが不要で、JavascriptベースのシステムをGUIを使って利用し、アプリケーションを開発する。「Web socket」という通信規格を採用することで、クラウド環境と端末間を高速通信できるようにした。操作が快適で、「ネットワークを通してデータをやりとりしているとは思えない速さ」(吉田代表取締役)でアプリケーションを開発・利用できるのが特徴だ。(木村剛士)