ニュース

ALSI、ウェブフィルタリングソフトにGoogle Appsへのログイン制限機能など追加

2012/02/08 20:05

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」に新機能を追加し、「InterSafe WebFilter Ver.7.0 SP1」として2月10日に発売する。

 今回のバージョンアップでは、「Google Apps for Business(Google Apps)」へのログイン制限機能を追加。契約しているドメインにだけログインし、自社利用ドメイン以外の個人利用(G-mail無料版など)を制限することができる。

 また、HTTPS通信に対応し、追加費用が発生することのない標準機能として提供。業務時間中の私的利用による業務効率の低下や情報漏えい事故を防止し、よりセキュアな環境で安心して活用できるようになる。さらに、対応ブラウザにSafariを追加することで、スマートフォンやタブレット端末からウェブサイトにアクセスする場合でもフィルタリングを適用。多様化するウェブ環境に対応した最新の情報漏えい対策を実現した。

 価格は、一般ライセンスが5万2500円から、ガバメントライセンスが4万2000円から、アカデミックライセンスが3万1500円から。
  • 1

関連記事

ALSI、ファイル暗号化ソフト「InterSafe IRM」、初年度に売上3億円を目指す

ALSI、経費精算システム「ECOAS」がスマートフォンに対応

ALSI、「InterSafe」の拡販強化でMinoriソリューションズと販売契約を締結

ALSI、NTTデータの総合クラウドサービスを「intra-mart」の商用・開発環境に採用

ALSI、ウェブセキュリティ市場で「フロスト&サリバン」のアワードを受賞

外部リンク

アルプスシステムインテグレーション=http://www.alsi.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>