KDDI(田中孝司社長)は、事務所内にPBXを設置することなく内線機能が利用できる法人向けクラウド型PBXサービス「KDDI 仮想PBXサービス」を6月に提供する。

 大企業を対象にPBX機能をクラウドで提供するサービス。ユーザー企業ごとに専用設備を利用したプライベート型クラウドでセキュアな環境を整備し、電話機の台数増減や煩雑な番号管理、運用保守などに関わる業務をKDDIにアウトソースすることで、ユーザー企業の管理者の負担を大幅に軽減する。

 従来のセントレックス型PBXサービスで必要だった電話回線とPBX接続用のデータ回線が不要なので、安価な固定電話サービスだけで高品質なIP電話サービスと内線機能を利用することができる。さらに、「KDDI ビジネスコールダイレクト」を併用することで、auケータイやauスマートフォンでも定額で内線通話ができるようになる。

 料金は内線単位ごとに異なるが、1拠点で1000台の端末を利用するケースで、1IDあたり2800円などに設定している。

「KDDI 仮想PBXサービス」のイメージ