富士通(山本正已社長)は、3月14日、山梨県が推進する「やまなし企業の農園づくり制度」を活用し、同社の農園情報センシングネットワークを用いたスイートコーン栽培の実証実験を開始した。

実証実験のイメージ

 実証実験の開始にあたって、富士通は西八代郡農業協同組合(JA西八代)、農産物生産・販売の旬果市場社と「やまなし企業の農園づくり協定」を締結。JA西八代と旬果市場の圃場に、農園情報センシングネットワークを導入する。ビニールトンネルの換気のタイミングと温湿度情報を収集し、無線ネットワークを通じて事務所にデータを定期的に送信。データを分析することで、栽培に最適なビニールトンネル内の温湿度管理を支援する。

 データを送信する無線ネットワークは特定小電力無線を用い、通信コストをかけずにデータを収集する。(ゼンフ ミシャ)