日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、4月23日、中堅・中小企業向け統合業務システム「CORE Plusシリーズ」の新製品「CORE Plus NEO」を発売した。

 「つなぐ」をコンセプトに、既存の業務システムや情報活用ツールと柔軟に連携できる機能を搭載した統合業務システム。外部連携コネクタの利用を通じて短期間でシステムを統合・構築し、IT投資コストを削減する。強化したキャッシュ・フロー関連機能やロット管理、トレーサビリティ機能などの業務処理ノウハウを盛り込み、操作性を改善し、ユーザビリティを向上している。

 価格は、中堅・中小企業向け統合業務システム「CORE Plus NEO 販売管理」が100万円から。食品製造・加工業、卸売業向け販売管理システム「CORE Plus NEO 食品 販売管理」が120万円から。食品製造・加工業向け生産管理システム「CORE Plus NEO 食品 生産管理」が130万円から。入出荷検品管理システム「CORE Plus NEO 入出荷検品」が90万円から。中堅・中小企業向け統合業務システム「CORE Plus NEO 通販」が150万円から。NJCは、今後3年間で300本の販売を目標としている。