ニュース

ストラタス、8年連続でマイクロソフトの「ゴールドパートナー」に

2012/04/23 20:07

 日本ストラタステクノロジー(ストラタス、飯田晴祥社長)は、マイクロソフト製Windowsアプリケーションに対応したインテルプロセッサ搭載の無停止型サーバーを発売してから今年で12年目を迎え、「マイクロソフト認定 ゴールドOEMハードウェアパートナー」に8年連続で認定されたと発表した。

 ゴールドパートナーとして認定を受けられるのは、世界各国のマイクロソフトパートナーのわずか1%。ストラタスは、マイクロソフトのWindows Serverカタログに掲載された初代ハードウェアパートナーで、無停止型システムの分野で8年連続してゴールドパートナーに認定された。

 ストラタスの無停止サーバー「ftServer」ファミリーは、「Windows Server 2008」をはじめ、オペレーティングシステムや仮想化ソフトウェア用に設計されたアプリケーション向けに、99.9999%ときわめて高い高可用性を提供する。

 ストラタスでは、今後もマイクロソフトとのパートナーシップを強化するとともに、Windows Server環境に「Uptime Assurance」(常に稼働し続ける保証)を提供。Windows ServerとftServerの組み合わせで、あらゆるアプリケーションに対応する信頼性の高いプラットフォームを形成する。
  • 1

関連記事

SCSKとストラタス、NetIQ、ランブックオートメーション分野で協業

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>TIS 月額5万円のサービス料金を実現 シンプルな物理構成で導入コストを抑える

日本ストラタス、「VMware vSphere 5」対応の「ftServer」最新モデルを発売

ストラタスとタンベルグ、「ftServer」と「RDX QuikStation」の動作検証を完了

日本ストラタステクノロジー SMB市場の開拓に注力 パートナー支援の強化に動く

外部リンク

日本ストラタステクノロジー=http://www.stratus.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>