SCSK(中井戸信英社長)と日本ストラタステクノロジー(ストラタス、飯田晴祥社長)とネットアイキュー(NetIQ、徳永信二社長)の3社は、IT運用管理プロセスを自動化するランブックオートメーション(RBA)分野で協業する。

 SCSKはストラタスの無停止型仮想化プラットフォーム「Stratus Avanceソフトウェア」に、NetIQのRBAソリューション「NetIQ Aegis」を実装し、1月30日、高信頼性IT運用管理自動化サービスとして提供を開始した。

 サービスは、2台の標準IAサーバーに「Stratus Avanceソフトウェア」をインストールし、その仮想環境上にゲストOSと「NetIQ Aegis」を実装することによって、従来のクラスタ方式での複雑な設定と運用や、切り替え時の処理の中断などを回避する。

 SCSKは、「Stratus Avanceソフトウェア」と「NetIQ Aegis」の両製品をパッケージ化してコンサルティングとともに提供。100台以上の運用管理対象サーバーを所有する企業を対象にサービスを提案し、2013年3月までに30社での導入を目指す。(ゼンフ ミシャ)