システムインテグレータ(SIer)のソラン(現 TIS)は、2010年、有価証券管理システム「XNETサービス」の環境をクラウドで提供する「smartXプラットフォームサービス」を開発し、このサービスを低額で提供する基盤として、日本ストラタステクノロジーの無停止型仮想化プラットフォーム「Avanceソフトウェア」を導入した。「Avanceソフトウェア」を活用して、「smartXプラットフォームサービス」を月額5万円という割安な料金で展開している。