パラレルス(富田直美社長)は、6月5日、パートナー企業向けカンファレンス「Parallels Summit 2012 Japan」を開催した。基調講演では、富田社長が「中小事業者向けクラウド市場はゴールドラッシュ!クラウドの勝者となる方法」と題して、中堅・中小企業(SMB)の開拓法を説いた。

 富田社長は、コンビニエンスストアを例に取り、「品揃えが豊富で、いつでも気軽に商品を購入できることで成功を収めている」と説明。パートナー候補であるSMB向けサービスプロバイダに対して、SMB開拓に向けてコンビニエンスストアのようなビジネスモデルを構築するよう訴えた。

 また、「コンビニエンスストアの本部では、SCMやERP、CRMを駆使して顧客に必要な商品を分析している」と、その基盤をパラレルスが提供していることをアピールした。そして同じような例として自動販売機を挙げながら、「それぞれのSMBが利用するソフトはさまざま。クラウドサービスを通じて、いかに多くのソフトを提供できるかがカギ」と述べた。

富田直美社長

 さらに、日本でのクラウドサービス拡充のために、パラレルスが推進しているアプリケーションの標準規格「APS(Application Packaging Standard)」によって「日本のユーザー企業に適したオープンなアプリケーションが増える必要がある」として、同日付でAPSの普及団体「APSフォーラムJapan」を設立したことを発表した。

 「Parallels Summit 2012 Japan」では、このほか日本マイクロソフトやデル、NEC、ネクスト・イット、日本ジオトラストなどのスポンサーが講演。参加企業がコミュニケーションを図る交流会も開催した。(佐相彰彦)