きっとエイエスピー(松田利夫社長)は、米Chatty Solutionsのスマートフォン向けクラウド型開発環境「Chatty Apps」を発売する。

 「Chatty Apps」は、クラウド上に分散するウェブアプリケーションのユーザインターフェース(UI)に対して、元のウェブアプリケーションに手を加えることなく、スマートフォンやタブレット向けUIを開発することができる環境。複数のウェブアプリケーションを組み合わせて、新たなウェブアプリケーションを開発できるほか、開発したアプリケーションを部品として再利用することができる。

 サポートするクライアント端末は、WindowsやMac OS、各種Linuxのパソコンに加え、アップルのiPhone/iPad、グーグルのAndroid Phone、マイクロソフトのWindows Phone、リサーチ・イン・モーションのBlackberryなど。

 きっとエイエスピーは、「Chatty Apps」を通信事業者やデータセンター事業者を通じて、マルチデバイス対応ウェブアプリケーション開発用PaaSとして提供する。また、システムインテグレータ(SIer)に向けて、ユーザー企業の社内ウェブアプリケーションをマルチデバイス対応化する開発ツールとして提供する。(ゼンフ ミシャ)