日立製作所(中西宏明社長)は、高性能なカラーコンタクトイメージセンサやUSB3.0の採用で、帳票の読取り速度を向上した小型のOCRスキャナ「HT-4161シリーズ」を7月12日に発売する。同時に、小型のドキュメントスキャナ「HT-4161-68シリーズ」も発売する。

 「HT-4161シリーズ」は、従来機「HT-4134シリーズ」の約2.1倍となる約85枚/分の帳票読取りで、帳票類や紙文書などを迅速に電子化。またドキュメントスキャナ「HT-4161-68シリーズ」は、約170面/分の帳票読取りを実現している。

 両シリーズとも、小型モデルとして新たに2スタッカモデルを用意し、小型モデルでも種類の異なる帳票やエラー帳票を振り分けて排出することができる。このほか、処理の済んだ帳票に番号や処理日付を印字するナンバリング機能や、帳票の重複を検出して複数帳票の同時送りによる入力漏れを防ぐ2枚送り検出機構を強化し、帳票入力に伴う作業負担を軽減する。

 スキャナの不使用時にはスタッカとホッパを折りたたむことができるなど、省スペース設計。価格は、「HT-4161シリーズ」の片面読取機1スタッカが137万5500円から、片面読取機2スタッカが190万500円から、両面読取機1スタッカが184万8000円から、両面読取機2スタッカが237万3000円から。「HT-4161-68シリーズ」の両面読取機1スタッカが102万9000円から、両面読取機2スタッカが155万4000円から。