日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、9月7日、パートナー向け年次イベント「マイクロソフト ジャパン パートナー コンファレンス 2012(JPC 2012)」を開催した。

 「JPC 2012」は、日本マイクロソフトが毎年開くパートナー向けイベントで、日本マイクロソフトの幹部によるスピーチや主要製品の説明、優秀な成績を収めたパートナーの表彰式典などを行っている。今回は、1800人から参加の申し込みがあった。

 基調講演に登場した樋口社長は、今年度(2013年6月期)提供する複数の新製品を紹介。なかでも「Windows 8」については、「非常にできがいいOSで、大きなビジネスチャンスを生む。かつて『Windows 95』のリリース時に大規模なマーケティング活動を行ったが、『Windows 8』についてはそれ以上の広告費を投じる。パートナーとともに市場を盛り上げたい」と話し、販売への意気込みを示した。

樋口泰行社長

 樋口社長は、日本法人の業績にも言及。「本社の社内表彰制度で、日本法人は、先進国グループのなかで4年前は最下位だった。だが、昨年度は一昨年度に続き2年連続でNo.1を獲得することができた」と説明。パートナーに対して感謝の意を表しながら、「V3(3年連続のNo.1)を目指す」と決意を表明した。

 また、ユーザーアンケートでは、日本マイクロソフトの評価が高まっていることをPR。ユーザーとパートナーの声を紹介し、「『外資系というイメージがなくなっている』というコメントがあったが、これは私にとってほめ言葉。逆の道を進んでいる外資系企業がいるが、われわれが日本に根ざした企業を目指しているなかで大変ありがたい声だ」と語った。(木村剛士)

樋口社長が基調講演で示したユーザーの声