ヤフー(宮坂学社長)は、9月6日、ビジネス向けクラウドサービス「Yahoo!クラウド ストレージ」の提供を開始した。

 「Yahoo! JAPAN」のインフラ環境を利用した容量無制限のクラウドストレージで、ドキュメント、画像、動画などのファイルに対応する。1ファイルあたり5GBまで保存することができる。

 API(アプリケーション・プログラム・インターフェース)には、業界標準として広く利用されているREST形式を採用。保存したデータは自動的に多重化して冗長性を確保し、SLA(サービス品質保証契約)として99.9%の可用性を保証している。さらに、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)機能を利用すれば、ユーザーは音楽や動画など大量のコンテンツを配信することができる。

 初期費用やリクエスト課金は不要で、利用料は1GBあたり月額10円。共同で企画・商品開発したIDCフロンティア(真藤豊社長)が、契約代理店として販売と契約を行う。(真鍋武)