米アマゾンウェブサービス(AWS)は、8月21日、データのアーカイブとバックアップ向けのストレージサービス「Amazon Glacier」を発表した。

 自動的に全データを複数のデータセンター(DC)で複製し、継続的にデータ・インテグリティ・チェックを行うストレージサービス。保存したデータの耐久性は、年平均99.999999999%を実現。ハードウェアの故障やデータの破損を発見したときには、冗長データを使用して自動修復する。

 アクセス頻度は低くても、保管し続けることが重要なデジタル・メディア・アーカイブ、財務情報、医療記録、ヒトゲノムデータ、法規制の遵守のため保管しなければならないデータ、長期間のデータベースバックアップなどのデータ向けに設計した。

 ユーザーは、ハードウェアのプロビジョニング、複数DCでのデータ複製、ハードウェアの故障検出や修復の必要がなくなり、アーカイブストレージの運営とスケーリング管理の負担を軽減することができる。

 「Amazon Glacier」は、初期費用がかからず、必要に応じて、利用したい分だけスケールアップ/ダウンすることができる。運用費用を含む価格は、月額1GBあたり0.01USドル(東京リージョンでは1GBあたり0.012USドル、約1円)。米国東海岸(北バージニア)、米国西海岸(北カリフォルニア)、米国西海岸(オレゴン)、西ヨーロッパ(アイルランド)、東京リージョンのDCを通じて利用することができる。(真鍋武)