ニュース

IDCフロンティア、セルフポータル型クラウドの運用・監視機能を強化

2012/03/28 20:06

 IDCフロンティア(真藤豊社長)は、セルフポータル型のクラウドサービス「IDCフロンティア クラウドサービス セルフタイプ(IDCFクラウド セルフタイプ)」の運用・監視ツールのセルフモニタリング機能を強化し、提供を開始した。

 「IDCFクラウド セルフタイプ」では、ウェブ上のダッシュボードから仮想マシンの状態を表示し、アラートを通知できる機能を標準搭載している。今回、ユーザーの要望をもとに、モニタリング間隔の短縮と、監視ポイントである複数サーバーのグルーピングなどの機能を追加。大規模なシステムの管理を簡単にできるようにした。

 また、サーバーのモニタリング間隔を5分に縮め、直近のデータを即座に表示して、仮想マシンへの個別名設定とグループ化、展開・縮小表示で管理画面を見やすくした。このほか、マウスオーバーによるステータス表示や操作ステップ数の削減、Windowsサーバーのリソース監視機能の追加などを行った。
  • 1

関連記事

IDCフロンティア、クラウド統合管理ツールとの連携サービスを本格稼働

IDCフロンティア、北九州市のDC「アジアン・フロンティア」で5号棟を増設へ

IDCフロンティア、DCに風力と太陽光発電のハイブリッド街路灯を採用

IDCフロンティア、西日本拠点からクラウドの広域バックアップサービスを提供

IDCフロンティア、米Cloud.comのOSSを採用、クラウドサービスで国内初

外部リンク

IDCフロンティア=http://www.idcf.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>