ネットギアジャパン(NETGEAR、杉田哲也社長)は、容易な操作でネットワークを構築できる同社初のシャーシスイッチ「XCM8800シリーズ」を9月に発売する。

 「XCM8800シリーズ」は、用途に応じて選べる10スロットの「XCM8810」と、6スロットの「XCM8806」をラインアップ。小規模から中規模のネットワークで利用できる。エクストリームネットワークスのOEM製品で、同社の「Black Diamond8800」シリーズのカスタマイズモデルだ。

コントロールプレーンとデータプレーンの分離、冗長コントローラボードによる電力供給とともに、パッシブバックプレーンを使用したシャーシを採用した。自動フェールオーバーメカニズムで、プライマリ管理モジュールに障害が発生した場合でも、セカンダリ管理モジュールが自動的にスイッチ全体の管理機能を引き継ぐ。価格は「XCM8806」が92万4000円、「XCM8810」が138万6000円。