データホテル(嶋田健作社長)は、クラウドサービス「エクスクラウド」の初期設定費用を撤廃し、すべて0円にした。

 価格改定を通じて、「エクスクラウド」をより安価に利用できるようになった。対象となるサービスは、「エクスケール(EX-SCALE)プラン」「共用ロードバランサーオプション」「共用ファイアーウォールオプション」「PLESKオプション」。

 「エクスケール(EX-SCALE)プラン」は、1ユニット当たりのスペックがHDD100GB、メモリ2GB、1VCPUで、5ユニットまで無停止でスケールアップできるサービス。LAMP構成標準提供、ローカル接続は無料。回線は1Gbps共有回線で無料。ハードウェア障害には、同社のエンジニアが24時間365日対応する。電話サポート付きで、構成の相談にも対応する。初期費用は0円で、利用料は1ユニットあたり月1万円。