IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、10月2日、顧客企業の情報システムを事業者のデータセンター(DC)で監視・運用するDCアウトソーシングの国内市場予測を発表した。

 2012年の国内DCアウトソーシング市場は、前年比9.9%増の1兆1298億円で、11~16年の年平均成長率を7.6%と予測。東日本大震災以降、災害対策のためにITインフラの運用体制やバックアップ体制の強化を図る企業が増えていることや、事業者によるDC新設が相次いでいることなどが、市場の成長を促進するとした。

国内DCアウトソーシング市場 09~16年

 地域別では、東京都の11~16年の年平均成長率が8.7%で、今後も全国平均を上回るペースで拡大。中国/四国地方は10.6%、北海道/東北地方は8.7%で、複数の大型DCの建設が進んでいることから、市場規模は小さいものの東京と同等もしくはそれ以上の成長率で市場が拡大するとしている。

 IDC Japanは、DCの新設動向などから、12~13年にサーバー設置スペースを貸し出すコロケーションサービスなどが大きく成長すると分析。さらに、DC事業者が所有するサーバーを顧客に貸し出すホスティングサービスは、コロケーションサービスを上回るペースで成長するとしている。ホスティングサービスは、近年急速に利用が拡大しているクラウドサービスの一部を含んでおり、13年以降、クラウドサービスが企業の基幹業務システムのサーバー運用にも浸透していくという。

 伊藤未明ITサービスリサーチマネージャーは、「順調な成長が見込まれるアウトソーシング市場でDC事業者が成功するためには、クラウドサービスメニューなどの整備、地方型DCの活用、災害関連メニューの整備などが重要となる」と指摘している。(真鍋武)