サイボウズ(青野慶久社長)は、社外からモバイル端末で社内へ簡単・安全にアクセスできる「サイボウズ リモートサービス」が、10月5日からパナソニック ネットソリューションズ(パナソニックNETS、前川満社長)のワークフローシステム「MajorFlow」に正式対応したと発表した。

 これまで、外部から「MajorFlow」を使用する際にはVPNの導入をはじめ高度なセキュリティの設定が必要だった。また、「サイボウズ リモートサービス」を利用する場合、サイボウズのグループウェアだけをセキュアな環境で外部からアクセスできるようになっていた。今回の対応によって、社内LANのセキュリティ環境やファイアウォールなどの設定を変えずにアクセスできるようになった。

 「サイボウズ リモートサービス」と「MajorFlow」を合わせて利用することで、外部からワークフローの申請・承認処理ができるようになり、企業の意思決定サイクルを早めることができる。また、ユーザーや部署単位でクライアント証明書が発行でき、万が一、端末を紛失してもすぐにアクセス拒否などの対応ができるので、スマートフォンやタブレット端末での利用にも適している。

 さらに、「MajorFlow」は、サイボウズのグループウェア「サイボウズ Office」「サイボウズ ガルーン」との連携オプションで、サイボウズ製品からのシングルサインオンに対応。また、サイボウズ製品のポータル上に承認依頼通知、新規申請などの「MajorFlow」ポートレットが表示できるようになった。このほか、サイボウズ製品のユーザー情報をエクスポートして、「MajorFlow」に取り込むユーザー情報連携にも対応している。

 価格は、「サイボウズ Office 連携モジュール」が40万円、「サイボウズ ガルーン 連携モジュール」が70万円。