アカマイ・テクノロジーズ(アカマイ、徳永信二社長)は、2012年第2四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。

 80か国、約1000のネットワークに展開する10万8000台以上のサーバーで構成され、世界中の全ウェブトラフィックのうち最大30%を処理するアカマイ独自のネットワーク「Akamai Intelligent Platform」で収集したデータ(12年4月1日~6月30日)をベースにまとめたレポート。「インターネットの普及率」「接続速度」「ネットワーク接続性、可用性、遅延」「ブロードバンドの導入状況」「攻撃トラフィックなどの傾向」「モバイル接続速度」など、インターネットに関する主要統計データとアカマイの見解を提供している。

 インターネット普及率は、12年第2四半期、アカマイのネットワークに接続するユニークIPv4アドレス数は242か国/地域で6億6518万に上り、前四半期比でマイナス0.1%、前年同期比で10%の成長率を記録した。国別でのユニークIPv4アドレス数ランキングのトップ3は、1位米国(1億4287万件)、2位中国(9360万件)、3位日本(3987万件)という結果だった。

 同社は、12年6月に実施され、世界の多くの企業・組織がIPv6への恒久的対応を開始したWorld IPv6 Launchによって、第2四半期でのIPv6接続が大幅に拡大したことを確認している。12年6月(IPv6 Launch時)のIPv6接続は、リクエストベースで33億9497万、接続クライアントベースで1899万となり、前年同月比で、それぞれ460倍、67倍の成長率を達成した。

 世界各国の平均接続速度ランキングでは、1位韓国(14.2Mbps)、2位日本(10.7Mbps)、3位香港(8.9Mbps)と、前四半期と同じく、アジア太平洋地域がトップ3を占めた。12年第2四半期の日本の平均接続速度の前年同期比での成長率は、マイナス16%だった。前四半期比では21%の成長率を記録し、世界第1位となった。

 なお、今回のインターネットの現状レポートでは、「Akamai IO」によって収集したネットワークコネクション別のモバイルブラウザの利用状況に関する分析結果もあわせて提供している。12年第2四半期インターネットの現状レポートの日本語版は、同社ウェブサイトで後日公開する。