アカマイ・テクノロジーズ(徳永信二社長)は、統合型ウェブ最適化サービス「Aqua Ion」を2012年内に提供する。

 「Aqua Ion」は、クラウドプラットフォーム「Akamai Intelligent Platform」上で提供するサービスで、ウェブアプリケーションの分析やリアルタイムのモニタリングにもとづいて、HTTPリクエストの削減や配信に必要なバイト数の削減などができる「フロントエンド・オプティマイゼーション(FEO)」の機能、自社のコンテンツ・サービスと第三者のコンテンツ・サービスをブラウザでリアルタイムに組み合わせることができる機能、リアルタイムのネットワーク状況に応じてJPEG画像の圧縮レベルを変更する機能を搭載する。

 IPv6に対応するほか、リクエストされそうなページを予測する「Akamai Instant」なども搭載。「Aqua Ion」を導入した企業は、状況に応じたウェブ最適化を顧客に提供できるようになる。