ニュース

パシフィックビジネスコンサルティング、「Dynamics NAV 2013」の日本版・中国版・香港版

2012/11/06 18:26

 パシフィックビジネスコンサルティング(PBC、小林敏樹社長)は、マイクロソフトの中堅・中小企業(SMB)向け統合基幹業務システム(ERP)の最新版「Microsoft Dynamics NAV 2013」の日本版・中国版・香港版を、2013年3月下旬に発売する。

 Dynamics NAV 2013」は、データへのアクセス手段として、新たにウェブクライアントとSharePointクライアントを導入。ウェブクライアントによってブラウザ経由で「Dynamics NAV」のデータにアクセスできるほか、SharePointサイトを構築することもできる。レコードのバックグラウンド転記機能の追加や分析コードのレコード保持設計の改善で、システムのパフォーマンスが大きく向上した。

 これらのほか、原価管理機能やキャッシュフロー予測機能の追加をはじめ、商品在庫状況のビジュアル化やレポーティング機能、グラフ化機能の拡張などを行った。ユーザーインターフェースは、よりOffice製品に近づいたリボンデザインを採用。ExcelやLyncを含むOffice 365シリーズ、One Note、Dynamics CRMなど、他のマイクロソフト製品との連携も強化した。

 クラウド基盤のWindows Azure上で動作する最初の「Dynamics ERP」となることが決まっており、マイクロソフトが提供するクラウドサービスも利用できるようになる予定だ。

 「Dynamics NAV」の日本版・中国版・香港版は、PBCが日本、中国、香港の商習慣に合わせた機能を追加し、各国の言語で提供する。セキュリティ、ワークフロー、IFRS対応の機能を実装する。これまで市場にリリースしてきた製造・小売・貿易・保守メンテナンスの4業種に対する業種別ソリューションを「Dynamics NAV 2013」でも順次開発して提供する。本社、国内外の子会社・関連会社のシステム統合や、IFRS適用が課題となっている企業に対して販売を進める。

 価格は、10ユーザーの場合、3ユーザーライセンスを含んだ「Dynamics NAV基本機能パック」が42万円、追加7ユーザーの「Dynamics NAVユーザーライセンス」が175万円(25万円×7)、「日本対応機能(Basic)」が100万円の合計317万円。(信澤健太)
  • 1

関連記事

<ITベンチャー新時代の鼓動>第4回 「Azure」ベースのサービス続々 充実した環境で迅速に開発

ウイングアーク、帳票基盤ソリューション「SVF」がWindows Azureに対応

日立ソリューションズの本気 グローバルチームで「Microsoft Dynamics」を売る

日本マイクロソフト、「Dynamics CRM」の実績をアピール、「Salesforce.com」を強く意識

日本マイクロソフト Dynamics CRM事業の成長を促進 販売パートナーからは要望も

外部リンク

パシフィックビジネスコンサルティング=http://www.pbc.co.jp/

おすすめ記事