NEC(遠藤信博社)とNECフィールディング(伊藤行雄社長)は11月12日、「NEC九州データセンター(NEC九州DC)」を福岡市に開設すると発表した。2013年3月に新DCを活用したサービスを提供する。

 「NEC九州DC」は、災害を受ける可能性が低い立地で、サーバールームは2次元床免震構造のDC。無給油で72時間の給電に対応する自家発電設備や無停電電源装置(UPS)など、電源設備を冗長化し、万が一、停電が発生した時でもシステムが停止することがない。

 セキュリティは、ICカードや生体認証を用いた入退出管理システムを稼働させる。ネットワークの接続は、NECのネットワーク制御技術(OpenFlowをベースとしたプログラマブルフロー)を用い、DC内ネットワークを統合管理。施設には、NECグループ企業のSEとNECフィールディングのCEが常駐する。

 NECは、信頼性の高いDCを地方に複数設置し、地方のパートナーと連携して運営している。今回の「NEC九州DC」は、こうした取り組みにもとづくもの。