NECフィールディング(伊藤行雄社長)は、データセンター(DC)やサーバー室からオフィスまでの省エネ対策を含めた「環境コンサルティング」を9月から販売する。

 顧客の建物や設備のエネルギー消費を分析するためにヒアリングや現場調査などを実施し、経済性・環境性に有効な運用変更や設備更新による省エネルギー対策を立案するサービス。従来提供してきた大規模DCや小規模サーバー室への「IT環境アセスメント」に加え、「環境コンサルティング」では、電力使用量の多いオフィス環境までを含めた広範囲の省エネ対策を提案する。

具体的には、一般的なコンサルティングの4ステップ「現状把握」「現場調査」「分析・立案」「報告」に加え、報告から約5か月後に訪問による「効果確認」を実施。評価結果や削減期待値、対策案の紹介、導入計画案などの診断報告書を提出する。あわせて「現状把握」から「効果確認」の6か月間のメール/電話による省エネ運用と、省エネ商材に関する問い合わせサポートを提供する。

税別価格は100万円から。NECフィールディングは、今後3年間で100件の受注を目指す。