サイボウズ(青野慶久社長)は、1月17日、業務アプリ構築クラウド「kintone」上で、パートナー企業のソリューションの提供を開始した。

 「kintone」は、「ファストシステム」をコンセプトにセキュアなクラウド環境で業務アプリを作成して、手軽に利用できるサービス。「kintone」をパートナー企業のソリューションと組み合わせて提供することで、利用者はソリューション提供企業のノウハウによって「kintone」を一層活用し、業務改善に役立てることができる。また、パートナーにとってはビジネスチャンスが拡大する。

 今回は、基幹システム連携、事務改善、労務、営業などの業務分野から9社15種のソリューションを紹介。サイボウズは、連携するパートナーソリューションを年内に50種に拡大する予定。

 また、従来の販売・サポート中心のパートナープログラムに、新たに連携ソリューションの提供を目的としたアライアンスパートナー制度を追加した。連携ソリューションで、顧客にとってより付加価値の高いサービスの提供を追求していく。