サイボウズ(青野慶久社長)は、12月3日、業務アプリケーション構築のクラウドサービス「kintone(キントーン)」で、スマートフォンのブラウザサイズに最適化した「kintoneモバイルビュー」の提供を開始すると発表した。

 「kintone」は、ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で、オリジナルのアプリケーションをクラウド上に構築して活用できるサービス。「kintoneモバイルビュー」は、iPhone/Androidで利用できるよう、スマートフォンの画面サイズや操作感に最適化した。これまでもスマートフォンのウェブブラウザで「kintone」を活用することができたが、「kintoneモバイルビュー」では、閲覧や入力がさらに快適になる。

 写真も添付でき、フィールド業務や移動中に写真で現場のリアルな情報をチームメンバーと迅速に共有できる。案件管理で活動報告を残すことで、直行直帰の営業スタイルも実現する。

 なお、「kintoneモバイルビュー」のリリースに合わせて、ビジネス向けアプリケーションを集めた「kintoneアプリストア」で、新たにスマートフォンのカメラで撮影した画像をその場で登録することができる「フォトレポートアプリ」を提供する。会議で出たアイデアをホワイトボードの写真とともにその場で登録し、チームメンバーと共有することができる。