アシスト(大塚辰男社長)は、2月4日、「サーバアクセス管理ソリューション」の第一弾として、特権ユーザー管理に特化した「特権ID管理ソリューション」の提供を開始した。

 アクセス管理ツール「CA ControlMinder」とその関連製品である特権IDパスワード管理製品「CA ControlMinder Shared Account Management(SAM)」、画面操作ログ取得製品「CA Session Recording」、SAM連携版の画面操作ログ取得製品「CA Session Recording Shared Account Management」を利用し、ユーザー企業のニーズに応じて三つの管理タイプを用意している。

 いずれもエージェントレス構成で、高いコスト・パフォーマンスと短期間での構築を実現する。また、重点的に保護したい業務サーバーに「CA ControlMinder」を導入することで、ユーザー単位での細やかなアクセス制御を行うことができる。これによって、rootやAdministratorへのアクセス制御や利用者の特定、すべてのアクセスログの取得、集中管理など、強固なセキュリティ基盤を構築することができる。

 税別価格は、「エージェントレスで全業務サーバーのOS/データベースの特権IDの貸し出しを実現するタイプ」で最小構成300万円から、「業務サーバーへのアクセスをゲートウェイ・サーバーに限定し、OS/データベースの特権IDの貸し出しと操作ログの取得を実現するタイプ」で最小構成590万円から、「ゲートウェイ・サーバーは設置せず、エージェントレスでOS/データベースの特権IDの貸し出しと操作ログの取得を実現するタイプ」で最小構成800万円から。