日立システムズ(高橋直也社長)は、2月14日、業種を超えた複数の企業間でデータを相互活用する情報基盤を提供し、異業種間のデータ流通やビジネスマッチングを支援するオープンイノベーションサービス「Smart Business Gateway」を開始すると発表した。

 ソーシャルデータや顧客・ビジネスパートナーが有するデータを、高セキュリティな自社データセンター(DC)で安全に保管し、独自のデータブレンド技術(データ正規化、匿名化、フォーマット変換)を活用して、業種を越えた企業間でのデータの流通・相互活用や新サービスの創出、ビジネスマッチングを支援する。

 サービスの第一弾として、ホットリンク、インフォライズと協業し、3社のサービスやデータを組み合わせたソーシャルメディアデータのデータ活用・分析サービスを開始する。さらに、その後も「Smart Business Gateway」の機能強化を図るとともに、異業種間での連携による新たなビジネスの創出や、事業拡大を支援していく。

 日立システムズは、2015年度末までに、「Smart Business Gateway」で累計100億円の売り上げを目指す。