レッドハット(廣川裕司社長)は、2月13日、パートナー企業向けに、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したソリューション提案ができる技術者を育成する「Red Hat Partner Developer Program」と、このプログラムの認定制度となる「Red Hat Product Specialist」の提供を開始すると発表した。

 「Red Hat Partner Developer Program」では、「ITインフラソフトウェアスペシャリスト」と「ミドルウェアソリューションスペシャリスト」の二つの育成プログラムを用意。「ITインフラソフトウェアスペシャリスト」は、IT基盤のOSS化のための高度な製品知識をもち、Red Hat Enterprise Linuxと仮想化を活用したソリューション提案ができる技術者。「ミドルウェアソリューションスペシャリスト」は、JBoss Enterprise Middlewareを中心としたアプリケーション基盤のOSS化のための知識をもち、Java EEアプリケーションサーバーだけでなく、ビジネスプロセス管理(BPM)、ビジネスルール管理など幅広いソリューション提案ができる技術者。

 「Red Hat Partner Developer Program」の提供価格は、1人あたり10万円から。各プロダクトスペシャリストは、それぞれの専門知識を身につけるために1~2日間の認定トレーニングを受講し、その後の認定試験に合格することでプロダクトスペシャリストと認められる。レッドハットは、今後3年間で1万人の「Red Hat Product Specialist」を育成する計画。