富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、浜野一典社長)は、「ギフトカードASPサービス」に対応する「電子マネーチャージKIOSK」を5月に発売する。

 PFU(長谷川清社長)のMEDIASTAFF MCモデル「SmartTeller」をベースとした「ギフトカードASPサービス」対応の情報KIOSK端末。「ギフトカードASPサービス」を採用して、自社独自の電子マネーを発行する企業のレジでのチャージ業務負担を軽減する。また、その電子マネーを利用する消費者に対しては、簡単に、気軽にチャージができる環境を提供する。

 価格は84万円から。富士通FIPは、「ギフトカードASPサービス」の提供とあわせて、「電子マネーチャージKIOSK」の拡販展開を進める。また、今後も「ギフトカードASPサービス」の付加価値を高め、国内でのハウス電子マネー市場の拡大に向けて、全国の流通・サービス業を中心に販売を強化する。