バリオセキュア(稲見吉彦社長)は、iPhone/iPadの標準ブラウザに対応した管理者用コントロールパネルを発売した。

 「VSRマネージドセキュリティサービス」で提供している管理者用コントロールパネルは、専用UTM機器の設定情報や運用状況をほぼリアルタイムに確認できるツールとして、また、運用情報に関するログの管理として活用されている。この管理者用コントロールパネルをiPhone/iPad標準ブラウザに対応することによって、モバイルを活用したセキュリティ運用対応強化と顧客の利便性向上を支援する。

 なお、バリオセキュアは、管理者用コントロールパネルのアップデートに合わせて、新たなロゴマークを制定している。