ミドクラジャパン(ミドクラ)は、4月3日、ベンチャー企業に対する投資段階の一つ、シリーズAラウンドで、産業革新機構(能見公一社長)を中心とした総額1730万ドルの増資を完了したと発表した。同時に、グローバル経営体制を強化するために、現CEO兼共同創業者の加藤隆哉氏が取締役会長に、現CTO兼共同創業者のダン・ミハイ・ドミトリウ氏が最高経営責任者(CEO)に就任した。また、知的財産の管理や安定した金融環境下での経営を目的に、本社をスイス・ローザンヌに移転した。

 2010年1月に東京で創業したミドクラは、ユニークな自律分散アーキテクチャにもとづくネットワーク仮想化技術を核に、北米・欧州・アジアの拠点で事業を展開している。シリーズAラウンドで調達した資金は、ネットワーク仮想化プラットフォーム「MidoNet」の本格的な市場導入を加速するために投入する。