日本システムウエア(NSW、青木正社長)とミドクラジャパン(ミドクラ、加藤隆哉代表取締役)は、11月1日、次世代クラウドプラットフォームの構築に関して業務提携契約を締結したと発表した。

 提携によって、両社はネットワーク仮想化技術をベースにしたハイブリッドデータセンターとオートスケーリングの技術検討と実現、さらにその基盤を活用したより高付加価値のアプリケーションサービスの提供を目指す。

 ミドクラが開発したネットワーク仮想化技術は、ネットワーク機器を仮想化することで物理的なサーバー構成と論理的なネットワーク構成を分離する技術。ネットワーク構成のスムーズで自由な変更を実現し、さらに複数のデータセンターを接続したネットワークの構築や変更も可能になる。ネットワーク仮想化技術をベースに、NSWのデータセンターを中心とするさまざまな外部データセンターやユーザー拠点、パブリックサービスなどを連携させ、ハイブリッドデータセンター基盤構築を目指す。

 基盤上に、NSWの各種アプリケーションサービスを実装することで、顧客にはクラウドコンピューティングの特徴を最大限に生かすソリューションを提供できる。第一弾としてeコマース関連サービスを提供し、他分野のクラウドサービスについても順次開発する予定。