バラクーダネットワークスジャパン(林田直樹社長)は、5月7日、アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)の新製品「Barracuda Load Balancer ADC(Barracuda ADC)」を発表した。これによって、バラクーダネットワークスは正式にADC市場への参入することになる。

 負荷分散、アプリケーションアクセラレーション、アプリケーションコントロール、アプリケーションセキュリティを一つのハイパフォーマンスプラットフォームに集約した統合型ソリューション。プラットフォームはパフォーマンス重視で設計し、最大32×1、8×10のギガビットイーサネットポートを備え、高トラフィックのデータセンター(DC)のニーズに対応する。

 システムのパフォーマンスを損ねずに、SQLインジェクション、クッキー改ざん、セッションハイジャックなど、ネットワークとアプリケーションレイヤに対する攻撃からアプリケーションを保護する。また、Microsoft Exchange、Microsoft SharePoint、Oracle Applications、ウェブサーバー、仮想サーバーなど、一般的なアプリケーション向けに拡張できる証明書やテンプレート、実装ガイドを用意し、さまざまな環境に対応する。

 「Barracuda ADC」は、「Barracuda Load Balancer」のADC製品ラインの一つとして、アプライアンス(ハードウェア)または仮想アプライアンスとして世界各地で順次販売を開始する。国内での販売は、2013年第3四半期以降を予定する。