ネットワールド(森田晶一社長)は、VMwareの物理PC管理ツール「Horizon Mirage」のハンズオンセミナー、設計・導入を支援するプロフェッショナルサービス、独自翻訳した日本語マニュアルなどの提供を開始する。

 ネットワールドは、今年3月からエンドユーザーコンピューティングソリューション「VMware Horizon Suite」を販売。このなかの「Horizon Mirage」は、Windows XPからWindows 7への移行に有効なソリューションで、喫緊の課題であることから、パートナー向けの支援体制を拡充して導入を促進する。また、OSマイグレーションツールとして利用する場合は、通常ライセンスと比較して割安な6か月間の期間限定サブスクリプションを提供する。

 「Horizon Mirage」は、物理PC内のデータを仮想化されたイメージ(CVD)としてデータセンター内で集中管理し、エンドユーザーの生産性・事業継続性を大幅に向上させるソリューション。OSのマイグレーションでは、「Horizon Mirage」を利用することによって、Windows XPからWindows 7へのマイグレーションをネットワーク越しに行うことができる。

 「無償ハンズオンセミナー」では、実環境で操作しながら「Horizon Mirage」のオペレーション方法を身につけることができる。「プロフェッショナルサービス(導入支援サービス)」では、ネットワールドのシステムエンジニア(SE)が設計から運用までの支援を行う。また、「Horizon Mirage日本語マニュアルの提供」では、「Horizon Mirage」の環境を利用しやすいように、ネットワールドが独自に翻訳したマニュアルを提供する。